So-net無料ブログ作成
検索選択

いよいよドコモプランでも端末発売 [使える端末]

m38.jpg

9月からドコモ回線を利用したドコモプランが始まりましたが、端末セットがありませんでした。

しかし、11月下旬からマイネオ端末として、「arrows M02 by FUJITSU」の発売が決定。

ドコモ対応端末といえば、「zen fone」シリーズなどを思い浮かべますが、auとドコモの両方に対応するSIMフリー端末という事で、なんともマイネオらしいですね。

特徴をピックアップすると、

両回線に対応
au回線なら4G LTE、ドコモ回線ならクロッシィが利用できます。
これなら回線プランを変更しても、1台で対応できます。


防水・おサイフ・ケータイ対応
防水・おサイフ・ケータイに対応、また、日本語変換システムで文字入力が快適な「Super ATOK ULTIAS」機能付などSIMフリー端末でも違和感無く使える仕様で、さすがの日本製といった所ですね。


有機ELディスプレイ採用
色再現性が鮮やかで美しい色調で、従来の液晶ディスプレイと比べても、

・高コントラスト
・広視野角
・応答速度が速い

という特徴があります。


その他にも、「3日間と電池持ちがいい」、「傷に強い本体コーティングをしている」など充実しています。

ただし、auプランで利用する場合、

公式サイトには、

auプラン(Aプラン)の場合、11/19(木)より
発売予定の「auVoLTE対応SIM」でのみ
ご利用いただけます

という注意書きがあるので、お気をつけください。

「えっ!auVoLTE対応SIMって・・・」

これについては、次回にでも。




共通テーマ:携帯コンテンツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。