So-net無料ブログ作成

マイネオは機種変更が出来るのか? [手続き]

mi31.jpg

マイネオでは、これからも新しい端末が発売される事が予想されます。

もし、気に入ったスマホが発売された場合、機種変更は出来るのでしょうか?

これについては、キャリアで行うような機種変更の手続きとは若干異なります。

大手キャリアでは、主にショップで手続きする機種変ですが、

マイネオの場合は、現在使っているmineoスマホをそのままに、

追加で購入する形になります。

つまり、自分でSIMカードを差し替えることになる訳です。

今までは店員さんがやってくれたのに・・・

SIM自体は変わっていないので、携帯電話番号やメールアドレス、その他の契約内容も変わりません。

また、3,000円(税抜き)事務手数料が発生するのでご注意ください。

もし、使っていたスマホの分割代金が残っていれば、機種変したスマホの代金と共に引き続き請求されます。

キャリアと違ってスマホ割引が無いので、分割で購入した場合は、

完済してから機種変更する事をおすすめします。

ちなみに、端末安心サポートの修理回数は引き継がれるそうですのでご安心ください。



タグ:機種変更

共通テーマ:携帯コンテンツ

他の格安スマホと比較|NifMo(ニフモ)と比べてみた [比較]

mi30.jpg

マイネオは、au回線を利用する格安スマホですが、このau回線にこだわらなければ他にも選択肢が出てきます。

ここで個人的におすすめであるNifMo(ニフモ)と比べてみると・・・

回線はドコモ

ニフモはドコモ回線。
この回線の特徴といえば、

LTEサービス「Xi(クロッシィ)」エリアの他にFOMAエリアにも対応しているという事。

LTEエリアで言えば、マイネオの方が広いものの、プラスFOMAエリアも使えることで、つながる広さならドコモになります。


料金的には

現在のところ、ニフモの方が割安ですが、

マイネオは2月から新料金に変わります。

これで比較してみると・・・

音声付SIM料金比較
マイネオ
ニフモ
1GB
1,460円
2GB
1,590円
1,600円
4GB
2,190円
3,200円
7GB 4,200円

データ容量が被っているプランでは、マイネオの方が逆転で安くなります。


ニフモがお得の場合も

選ぶプランによっては、ニフモの方が安くなる場合があるので注意が必要です。
というのも、料金的にはマイネオですが、2GBプランでスマホを分割購入した場合

マイネオ
基本料金 スマホ分割代
1,590円
1,400円
2,990円


ニフモ
基本料金 スマホ分割代
割引
1,600円
1,297円
- 200円 2,697円


スマホの分割代金がマイネオの方が高く、さらにニフモでは割引が適用されるため、

はじめの2年はニフモの方が断然お安くなります。

3年目からは基本料金のみ(オプションを除く)になりますが、2GBプランでいえば、そう変わらないですね。

また、マイネオは、一番安いスマホでの計算になります。
他のスマホを選べば更に差が開くことに・・・


最低利用期間も違う

マイネオの最低利用期間が12ヶ月間に対し、ニフモは6ヶ月間。
解約金も9,500円と8,000円で、ニフモの方が安くなります。


2GBプランなら

今回は、料金的なところの比較となりましたが、2GBプランを選ぶならニフモの選択もアリではないでしょうか?

もちろん、会社によりサービス内容は変わるので、マイネオと他社の比較についてもう少し詳しく見たい方は

>>はじめての格安スマホおすすめランキング

も参考にしてみてください。




共通テーマ:携帯コンテンツ

マイネオのシングルタイプでLINEはできるのか [LINE]

mi29.jpg

マイネオをシングルタイプで利用する方もいると思います。

このシングルタイプは、データ通信のみですから携帯番号がありません。

続きを読む



共通テーマ:ネットコミュニティ

大手キャリアからmineoに変えたいんだけどLINEって引継ぎできる? [LINE]

mi28.jpg

引継ぎは出来ます。

一番簡単な方法は、Facebookとの連携

スマホのアカウントからFacebookの連携をタップするだけ。

続きを読む


タグ:Line 引継ぎ mineo

共通テーマ:ネットコミュニティ

繰越しとパケットシェアで通信容量を有効活用するうことが出来る [マイネオの魅力]

mi27.jpg

余ったデータ通信容量を翌月に繰り越せる「繰越しサービス」。

格安スマホの中でこのサービスを提供しているところは少ないです。

これで無駄なくデータ通信容量を使えますが、
マイネオではグループ登録しておけばこの繰り越したデータを分け合うことも出来ます。

つまり、

Aさんが500MB
Bさんが400MB
Cさんが0MB

繰り越した合計900MBのデータ通信容量を

“3人で300MBづつ分ける”

ことも出来るし、

“Aさん一人で900MB使う”

ことも出来るわけです。

ただし、代表契約者とシェアをするメンバーのご住所が同一であることが条件(最大5回線まで)。

申し込みは無料。

家族で利用するなら便利なサービスなので、家族でマイネオを利用したいと考えている方は、ぜひ利用したいですね。




共通テーマ:パソコン・インターネット

mineo(マイネオ)のLINEだと出来ない事とその対応策 [LINE]

mi26.jpg

mineo(マイネオ)に変更してもLINEは今まで通りに使いたいものですね。

ただ、mineoでLINEをすると

ID検索が出来ません。

続きを読む



共通テーマ:ネットコミュニティ

マイネオの解約についての注意点 [解約・MNP]

mi26.jpg


マイネオの最低利用期間は、12ヶ月

期間内に解散すれば、解約精算金9,500円(税抜き)が発生します。

しかし、「これで終わり!」と思っていませんか?

場合によっては、以下の料金も発生します。


端末分割代金
端末を分割の場合は、端末代の支払いが継続します。
当たり前といえば当たり前なのですが、分割は24回払いですから、2年間は請求が続きます。


MNPの場合
MNP転出手数料の2,000円が発生します。
MNPでマイネオに転入してきた人なら、前キャリアから転出手数料がかかってきたので、気をつけるかと思いますが、新規で契約した方は注意してください。


以上から、

スマホを分割で購入した方が、契約後、6ヶ月でMNPの転出をすると

マイネオ側
転入先キャリア側
解約精算金
分割残高
転出手数料 事務手数料 月額料金
9,500円
25,200円
(1,400×18回)
2,000円
3,000円位
α

一番安いスマホ「LUCE」を使っていたとしても、これ位はかかります。

出来れば長く使い続けたいものですが、解約の際はこの辺もご注意ください。

共通テーマ:携帯コンテンツ

マイネオのモバイルルータはどうなのか [モバイルルータ]

mi25.jpg


マイネオでは、SIMとモバイルルータの端末セットもあります。

提供しているバイルルータは、Aterm MR03LE

このルータは、

・あらゆる周波数帯域に対応
・バッテリー持ちが良い
・Bluetoothテザリングに対応


と、ハイスペックから人気がある機種です。

モバイルルータの良いところは、Wi-Fi機能が付いた端末ならどれにでも接続できるという点。

スマホからタブレットにテザリングすると、バッテリーの減りがハンパないのでモバイルルータを使えば安心。
Aterm MR03LEならBluetoothテザリングに対応しているので、さらに省電力で済みます。

また、スマホの通信容量も使わないので余裕が出てきます。

こう聞くと、すぐに利用したくなりますが、ここでお気づきの人もいるでしょう。

モバイルルータは持ち歩かなければいけません。

スマホにタブレット、モバイルルータと数台の機器を持ち歩くのはかさばりますね。

さらに
少しは安いシングルタイプとは言え、モバイルルータの通信料金が発生するので負担が大きくなります。

この辺をどう考えるかですけど、au回線のモバイルルータが使えるという新しい選択肢が増えたのは喜ばしいことです。




共通テーマ:携帯コンテンツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。