So-net無料ブログ作成
検索選択
こんな人におすすめ! ブログトップ

シングルタイプとデュアルタイプ、どちらがおすすめか。 [こんな人におすすめ!]

mi17.jpg


マイネオでは、“データ通信のみのシングルタイプ”“090音声通話がついたデュアルタイプ”があります。

もちろん用途によって選び方が違うのですが、どちらを選びますか?


とにかく価格を抑えたいならシングルタイプ

シングルタイプは、au 4G LTEサービスエリアが使えるプラン。

auのLTE対応タブレットでの利用がベストですが、

IP通話アプリを利用することで、スマホでの利用も可能です。

IP通話アプリといえば、「050 plus」が有名ですが、マイネオでは、050番号のIP通話アプリ「ララコール(LaLa Call)」を無料で提供しています。

これでグッと基本料金を抑える事ができるのですが、

au 4G LTEサービスエリア内でなければ使えない

というのが注意ポイントがあります。

通話できない場合もあるのは、ちょっと不安ですね。


通話も必要ならデュアルタイプ

これなら、大手キャリアスマホの使い方と何ら変わりはありません。

乗換えで電話番号も引き継ぐことが出来るし、

音声通話はau 3Gサービスエリアなので広くて安心です。

ただ、「無料通話」や「カケホーダイ」がないので、通話をしすぎて逆に料金が高くならないようにしなければいけません。


今までと同じような感じで使うならデュアルタイプですが、IP通話アプリでも問題なければシングルタイプの選択もアリです!



マイネオが向いている人・向いていない人 [こんな人におすすめ!]

mi04.jpg

大手キャリアより料金的が約半額位で使えるマイネオですが、

①月に使えるデータ容量が少ない
②通話料金がそのまま掛かる

という特徴があります。

一番安いプランで月1GBしか使えないので、

動画をよく見る」
「アプリをよくダウンロードする」

などという方なら厳しいですね・・・

また、auには「電話カケ放題プラン」がありますが、マイネオにはありません。
通話時間がそのまま通話料金(20円/30秒)としてかかる事になります。

これらの事を考えると、向いている人は、ネットも通話も余りしない人となってしまい、

何のためのスマホなのか分からなくなってしまいます。

しかし、自宅や職場など普段からWi-Fi設備が整った場所にいることが多い人はデータ量を節約できるので、①はクリアできます。

と考えると、問題は通話時間。

月に30分以上通話する人は大手キャリアの方が安くなる場合があります。

この“月に30分以上通話するかどうか”

を基準にして、自分に向いているかどうか決めてみてください。



こんな人におすすめ! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。